読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴りたいと思います。

4年ぶりの模様替えを進めています。

小さい人を迎える準備のため、部屋の模様替えをしています。 問題は、小さい人をどこに寝かすかということ。 寝室で4人で寝られるようにするため、大晦日に寝室のベッドとタンスの位置を変えました。 それに伴い、ベッドわきに置いてあった息子の絵本を本棚…

今日の絵本は、五味太郎さんの『ぬぬぬぬぬ』

保育参観のとき先生が読んでくれた五味太郎さんの『ぬぬぬぬぬ』が面白かったので、早速図書館で借りてきました。 www.ehonnavi.net今日はお昼寝しなかったためか、私の出番が来る前に寝落ちしました。 (わが家では、妻が3冊読んだ後、私が4冊読むのが定…

星を眺める

息子が産まれ、一緒にプラネタリウムに行くことが多くなってから、初めて日常的に夜空を眺めるようになった。 今も、iPhoneのStar Walkを頼りに星空を眺め、星座を覚えている途中。 考えに詰まると、ベランダに出て、星を眺める。 いつもそこにある安心感。 …

ハミングは自分の身体と手軽にコンタクトを取れるツールです。

今日は東京に出かける日。いつものように息子と妻を送り、畑に寄ってから家に戻ると、もう8時半。乗る電車は9:16。駅までは歩いて25分。超高速で洗濯物を干し、洗い物をして身支度を整えて家を出る。歩いていては間に合わないので、駅まで走った。こういう…

4/23の「耳と聲の会」は「心に届く声に出会う」場です。

講師の方々と相談し、4/23(土)の「耳と聲の会」のチラシを修正しました。 4/23の会では「心に届く声に出会う」をテーマに、あなたの伝えたい言葉を自然に相手に伝えるためのお話を実践を交えてお伝えします。「身体を正しく使えるようになると何が変わるの…

4/23(土)の「耳と聲の会」のチラシを作り直しました。

4/23(土)の「耳と聲の会」で何をやるのかわかりにくいという声がありましたので、チラシを作り直しました。 4/23 の会では「心に届く声に出会う」ということをテーマに、コミュニケーションにおける耳と声の大切さをお話しし、あなた本来の自然ですっと相…

アイデンティティを外に置く

「この「アイデンティティを外に置く」というところがトマティス博士の独創性だと思います。アイデンティティというのは、普通は自分の中に確立するものだと言われ、私もずっとそう思い続けていました。ですから、博士のこの言葉を聴いたとき、初めは何のこ…

日々の積み重ねによってのみ得られる

「日常の中で何か一つでいいから、毎日同じことを単純に繰り返してみることが大切なのだと思います。それが自分を律するということで、それができれば、ハミングを毎日続けることができますし、自分がだんだん変化していくこともわかる。小さなことを自分に…

4/23(土)日立で「耳と聲の会」を開催します。

「人間の一生は本当に短い。毎日が平和でみんなが楽しく過ごせる、そこに喜びを見出さないでどうするの? と思います。それぞれの方がやるべきことというのは、各々違っています。それを淡々とできることに平和が感じられたら幸せなのではないでしょうか? …

おばあちゃんのセーター

大寒の時期にこんな花が咲いている。やっぱりひたちは暖かな土地です。#ひたち歳時記 ひたちは冬暖かで夏が涼しい、とても暮らしやすい土地です。 そんなひたちも大寒、今日は夕方から雪の予報。 久しぶりにおばあちゃんのセーターを取り出しました。 6年前…

子育ても聴き取ることから

なぜか不機嫌な息子 昨日16時半頃、いつものように2歳8ヵ月の息子を保育園に迎えに行った。 1階の保育室の窓から遊んでいる様子を眺めていると先生が気づき、「お父さんがお迎えに来ているよ」と息子に声をかけてくれた。 私の姿に気づいた息子は、タッタ…

気軽に映像を共有し、大画面で楽しめる時代に

今日は、息子の保育園のクリスマス発表会でした。 あいにく妻は、東京出張で観られず。 妻に息子の活躍を伝えるべく、息子の出番はすべてiPhoneで映像で記録。 出番ごとにすぐにLINEで映像を妻に送信(1分30秒まですぐに送れます)。 家に戻ってMacのiPhoto…

Twilogで1年前の自分を振り返る

私はTwilogというサービスを使って、Twitterの投稿を記録し、常に見返すことができるようにしています。 http://twilog.org/munaken投稿時にテーマを示すタグ(例えば「#耳と聲」等)を付けておくと、そのテーマに関する投稿を見返して考えを深めていくこと…

「生前供養」としての小冊子づくり

六車由実さんの「「生前供養」としての高齢者介護」という文章の中で書いている「生前供養」の考え方がおもしろい。 医学書院/週刊医学界新聞(第2991号 2012年08月27日) 「平川さんはさらに,高齢者介護=生前供養を次のように意味付けている。《 「供養と…

父母の足跡を残す小冊子を作ろう

お彼岸に墓参りに郡山の実家に行ったとき、父が一冊のアルバムを出してきた。 私が子供の頃の写真がおさめられたアルバムだ。 私の実家は、私が20代の頃、火事になり、アルバム類はすべて焼けたと聞いていたのだが、焼けたアルバムの中から焼け残った写真を…

名刺は等身大の自分を伝える最小のメディア

知り合いのデザイナーの方にメディアクラフトのロゴと名刺のデザインをお願いした。早速作ってくれたロゴは、メディアクラフトのMおよび宗形のMと本の形を重ね合わせたものだった。それを見ての第一印象は、メディアクラフトが作るのは本だけじゃないんだけ…

『ひたち帖』は「生活誌」?

わたしのマチオモイ帖展への出品をきっかけに、昨年2月から今年の2月にかけて、『ひたち帖』2013春、夏、秋、冬号を作った。 わたしのマチオモイ帖 | 「my home town わたしのマチオモイ帖」は、全国のクリエイターが、それぞれ自分の思いのある「町」を…

新たに学ぶ楽しさ

昨日は、3月からウェブサイトと予約システムの管理を引き継いだホテルに3回目の打ち合わせに行きました。 現在進めているのは、4月からの消費税対応のために予約管理システムの料金を修正する作業です。 そのホテルの場合、楽天とじゃらん、予約プロの3…

メディアクラフトの仕事は

2月に納品した自費出版本『みちくさ小径』がとても好評です。 エッセイ集が完成し、納品してきました。とても喜んでいただけました。 #メディアクラフト 「本を見て、自分の本を制作する際にはお願いしたいという方が何人かいるので、名刺がほしい」と言わ…

日本版「木を植えた男」

佐々木俊尚さんがFBでシェアしていたこのお話。 こういう世界に憧れつつ、なかなか自分ではできないんですよね。 「42年間、夫婦ふたりでせっせと植え続けました」 http://t.co/C9qmfymnpE— 宗形憲樹 (@munaken) 2014, 3月 17

ホテルの予約管理システムとウェブサイトの管理を始めました。

3月からあるホテルの予約管理システムとウェブサイトの管理を引き継いだ。 予約管理は、楽天とじゃらん、予約プロの3つの予約システムを「手間いらず」というウェブシステムで行う。 ユーザーとして楽天トラベルはよく使うが、ホテル側の予約プランを提供…

はてなブログに移行しました。

ブログをはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。 http://munaken.hatenablog.jp/ これからは、もっと頻繁に更新しようと思います。

一緒に深めていける仲間を育てていくには

明日の”図解を作りながら考えを深める会”の前に前回の会で語り合ったことを文章化しておこう。 お互いを開いてつながり合う まず、まじめな話をすることに照れず、深く話し合えたという感じが持てることがポイントでは?すなわち、深い話ができるということ…

1年前の自分を思い出させてくれるウェブサービス「Timehop」

1年前の今日、自分は何を考え何をしていたのかを思い出させてくれるウェブサービスがある。「Timehop」だ。 http://timehop.com/ Timehopに登録すると、1年前の今日のソーシャルメディア(Facebook、Twitter、Foursquare、Instagram)への投稿を毎朝まとめ…

多段ピックアップの効用

KJ法では、原則として出されたラベルを切り捨てることはしません。 しかし、ラベルの枚数とまとめにかかる時間はほぼ正比例するので、まとめにかけられる時間に応じて元ラベルの枚数を絞る必要があります。 ※私の今のだいたいの感覚では、BS→図解化に元ラベ…

KJ法の”花火”を学ぶ会01

昨日、高円寺の更新文化会館で「KJ法の”花火”を学ぶ会」をやりました。 一人でKJ法の研修会をやるのは初めて。 予定していたタイムテーブルは以下の通りですが、グループ花火の時間が大幅に延びてしまいました。タイムマネジメントが課題ですね。(^^; 9:45 …

図解を作りながら考えを深める会03

私の東京でのホームグラウンド高円寺で、”図解を作りながら考えを深める会”の第3回をやった。 会場は、高円寺書林。5月に初めて訪れて、その居心地のよさがすっかり気に入って、ここでなら”図解を作りながら考えを深める会”がやれる!と思って、6月から定…

さりげない空間探検隊

6/1〜4に2年ぶりに札幌を訪ねた。 札幌は8年前まで5年間暮らした街。 私にとっての札幌とは円山で、ほとんど円山で暮らしていた。 西28丁目駅の近くのわがアパート”北町長屋”を出て、神社小路通りを南下し、北3条のツタヤで立ち読みし、すぎはらで買い物…

小さな場所を大切にすることで見えてくる豊かさ

通勤する妻と一緒に歩き、浜の宮通りで別れ、畑に向かった。 宮田小学校の学校菜園のわきにマリーゴールドタンジェリンジェムの大きな株があった。 歩くと発見がある。畑のへりに座って育ちつつある作物たちをながめた。 ふとわきを眺めると、ピンク色のかれ…

須田帆布発見!

昨日は、昨年の笠間のひまつりで一輪挿しを買った陶芸家の方から展示会の案内ハガキが来ていたので、つくばのShingoster Livingというギャラリーに「花咲く庭でー竹・陶・布の手しごとによるピクニックのかたちー」を観に行きました。 http://shingoster.com…

メソッドとハウツー

今、日原先生と一緒にトマティスメソッドの本(『耳と声』というタイトルになりそう)を作りつつある。 この本を作るに当たって先生が常に強調するのは、"ハウツー的な本にはしたくない"ということだ。 トマティスメソッドの強みは、メソッドであること。 ハ…

母の遺したレシピ

昨日、お彼岸の中日ということで、墓参りに郡山の実家に帰った。 天気もよくなり、1時間半ほどの快適なドライブだった。 予定通り11時頃、実家に着くと、父が外で待っていた。 仏壇に線香をあげ、お土産を渡し、お茶をごちそうになる。 そうしているうちに…

iPhone上で写真を撮影し、位置情報とコメントを付ける。

昨日、キープランニングの木下さんにiPhone上で「写真・位置情報管理データベース」を見せていただいたので、早速、自分でもトライしてみた。 FileMakerGOのソリューションだ。 FileMakerGOでは、iPhoneのGPS情報を直接は取り込めないので、Webビューアを使…

FIleMaker GOのファイルをiPhone/iPadのホーム画面のアイコンから起動する方法

FileMaker GOは、FileMakerで作成したソリューションをiPhneやiPad上で使用するためのアプリだ。 データベースアプリFileMaker Go for iPad & iPhone | 製品概要 FileMakerで作成したファイルは、iPnoe/iPadにiTunes経由やメール送信で転送して使用するか、…

柿の木のくずを取った。

妻を送った後、畑をちょっと見て、久しぶりにもがき平に行ってみた。 すっかりくずと草の藪になっていた。 柿の木にもくずのツタがからまっていたので、取ってあげた。 ここを今後どうしていこうかな?(^^;

畑に手を入れ始めた。

朝、妻を送った後、畑に行って、ホウレンソウを蒔いた。 昨日、草をはいだ土には、アリがたくさんの巣を作っていた。 アリたちにとっては、驚天動地の出来事が起こったんだろうな。 種を蒔き、土をかぶせ、枯れ草をふりかけた。 昨日は、トマトとキュウリ、…

ふるさとという最前線

我々夫婦は、2年半前、妻のふるさとの日立に帰ってきた。 2005年10月を境に日本の人口は減少に転じ、その流れは逆転しそうにない。 人口が減り、経済が縮小し、高齢化しているのに楽しそうに生きているコミュニティを作ることが今後の日本の一番の課題だと…

田舎のよさ、都会との違い

昨日、東京で「ふるさとという最前線」という講義を受講してきた。 https://ssl.smart-academy.net/gakusha/course/detail/1121041/ 実際に暮らしてみて感じる田舎のよさは、自分で何かをやろうとすれば、素材はたくさん身近にあるということだと思う。 それ…

2011年の抱負

妻が仕事に行き、新年初めての洗濯と掃除を済ませ、今年も一年が始まった感じがする。 年の初めなので、今年の抱負を書いておこう。 昨年末、「メディアクラフト」のウェブサイトを描く中で、メディアクラフトのミッションがはっきりしてきた。 以下の3つだ…

久しぶりの上京

昨日から東京に来ている。 元々、今日、日原先生宅にうかがってパソコンのサポートをする予定だったところに、FileMakerGoのセミナーが昨日あったので、昨日上京し、セミナーに参加し、今日日原先生宅に伺うことにしたのだ。今回は、時間に余裕があったので…

20年間の棚卸しと仕事の再定義をしています。

私は大学を卒業した後、就職活動をしないまま東京に出て、そこで知り合った人たちと農場をやるために信州に引っ越し、農業では食えないので、家庭教師と塾講師をしてお金を稼ぐという形で社会人らしき生活に入っていった。 信州に行ったのが1988年だから、そ…

自然農法の畑づくり

日立に引っ越してから1年半が経った。 実家の畑の一部を貸してもらって、野菜づくりを10年ぶりに再開した。 昨年は、普通の有機農法で野菜を作ったが、今年からは、自然農法の畑づくりを試みている。 自然農法では、耕さず、肥料も最低限しかやらない。 耕さ…

整理してます。

日曜日にクローゼットのいらないものを捨て、スッキリ片付けた。 火曜日には、1年半前に引っ越してきた際にデスクの天板を作った残りを鋸で切り、居間に棚を作った。 水曜日から今日にかけ、ずっと懸案だった資料と本の整理をしていた。 袋ファイルの中身を…

種まき

昨日に続き、今日も畑に行った。 畝を調え、ソラマメとスナックエンドウ、ホウレンソウを蒔いた。 その時なりにやれることはあるもんだなんぁと思った。 うちの畑は、今年から自然農法を試しています。 アスパラガスも植えたいけど、どこかに場所作れるかな…

久しぶりの畑

久しぶりに畑に行った。 今年は秋野菜を全然まかなかったので、畑にあるのは、ネギとニラだけ。 収穫の終わったオクラとモロヘイヤを片付け、来年に向け、畝を立て直した。 畑に実際に立つと、来年はこうしようというアイディアが湧いてくる。 道側の畝には…

ほっと一息

マニュアルの最終校を出し、ほっと一息。 荒れた部屋を片付けないとな。 日々の暮らしのリズムで仕事と学習も着実に進めていけるようになることが、大切だ。

『寡黙なる巨人』(多田富雄)を読む

今日は朝から寒かった。 布団にくるまり、『寡黙なる巨人』(多田富雄)を読んだ。寡黙なる巨人作者: 多田富雄出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/07/26メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 27回この商品を含むブログ (32件) を見る国際的な免疫学者、多…

花壇に花を

アパートの前に小さな花壇がある。 その管理は、我々に任されている。 今日は久しぶりに花壇の手入れをした。 少し枯れかけているバジルを収穫し、ヒマワリを切り、葉の落ちたオクラを切って整理し、花を買って植えた。 少し手を入れただけだが、少し花壇ら…

暮らしの時間と仕事の時間

家で仕事をしていると掃除をしたり、洗濯したり、買い物をしたりという暮らしの時間と仕事をする時間の区切りがつかず、仕事が後回しになりがちだ。 そして、締め切り近くに切羽詰まってしまうことになりがち。 今回もそうだった。 暮らしているリズムで仕事…

はまってます。

マニュアルの再校作成作業で機能が理解できないところがあって、はまってます。 きちんとした機能仕様書はないので、断片的なメモとサンプルを元に理解して手順化しようとしているのですが、なかなか理解できません。 もう少し早く確かめて、わからないとこ…