ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴っています。

正解のない問題に答えを見出していくのがKJ法

昨日から考えていたKJ法による学びの振り返りプログラムの補足資料ができたので、こちらにも転載しておきます。

分類やアテハメでは解決しない問題に使うのがKJ法

問題には、正解がある問題とない問題があります。
学校では正解が既にあり、その正解を導き出すための問題を解くことが多い。しかし、社会に出ると、正解のない問題に多々直面します。
多くの問題は今までの経験から分類し、前例をアテハメることで済むし、その方が早い。分類やアテハメが悪いというわけではなく、それでは済まない問題があるのです。
その種の問題に直面した時は、「何に答えを出すべきなのか」を言葉にすることから始めなければいけません。問題の焦点をぴったりとするテーマに言語化し、有効と思われる方策を考え、実践して初めて前に進んでいけます。KJ法は、そういう問題を考える際に威力を発揮します。
正解のない問題に対しても、分類し、正解らしき前例をアテハメることは可能ですし、ラクです。しかし、その問題に丁寧に向き合うと分類やアテハメでは収まりきれない居心地の悪さを感じるのではないでしょうか?

心と体を先行させ、頭は後で使うことが大切

正解のない問題に対してせっかくKJ法を使っても、普段と同じように分類・アテハメの思考法でKJ法をやったのでは、意味がありません。「なるほど!」と自ら納得する方策を見出すには、頭をいったん外し、心と体でその問題に向き合うことが大切です。より納得のいく方策は、まず心と体が感じ、それを言語化するのが頭という順番で心と体と頭の全体を使うことで見出されます。
多くの場合、自分の思考の枠を超えたところに解決策はあります。自分の枠を超えるには、心と体を先行させ、頭は後追いするという流れが大切です。まずは心と体の感じる力を信頼すること。心と体が感じたものを言語化するのが頭の役目です。その流れを考える型として定式化したのがKJ法なのです。

図解を作りながら考えを深めることで次へのステップが自然と踏み出せる

KJ法の花火という手法を使えば、かなり複雑で大きな問題でも、3時間×2回、計6時間で一定の結論を出し、解決への一歩を踏み出すことができます。正解のない問題にオーダーメイドのオリジナルな答えを見出す時間として、この時間は長くはないと思いますが、いかがでしょうか?
KJ法では頭だけではなく、心と体も使って考えているので、その結論が心と体レベルにもおちています。そのため、図解ができあがった段階で自然と行動につながりやすいという効果もあります。
慣れてくれば、普段直面するような問題を考えるための図解は、3時間程度で作成できます。
そして、似たような課題に直面した際には、すでに作ってある図解を元に図解を作りながら考えることができるので、もっと短時間でできます。
さらに、図解を作った後の効果とそれによって節約できる時間も大きいです。
プロジェクトメンバーで作った図解は、灯台のようにいつもプロジェクトを照らし、常に立ち戻れる原点となります。また、プロジェクトのキックオフ時に図解を作ることで、そんな原点を作り、他の人にも説明しやすくなります。さらに、プロジェクトの成果をプロジェクトメンバーで振り返り次のステップを描くことで着実に前進していけます。
KJ法も車の運転と同じように、最初は大変でぎこちなくても、使い慣れてくれば、とても便利で遠くまで私たちを運んで行ってくれます。せっかく2日間かけて学んだKJ法をぜひ今後に活かしていってくださることを願っています。

答えのない問題に答えを見出していくのがKJ法

f:id:munakata_kenken:20180727151434p:plain
7/21の社会教育主事講習会での生涯学習概論の学びの振り返りプログラムが終わって、明日で1週間になる。
感想を書いていただいた付箋を読むと、かなり本質は伝わったなと思う反面、伝え切れなかったと感じる点もあり、7/30の社会教育計画の振り返りに向け、補足資料を作成することにした。(この回にもアドバイザーとして参加したかったが、残念ながら予定がありかなわず)

補足したい点は、2点。
KJ法は時間がかかる」という感想への回答とどうしても分類やアテハメになりがちな点への対応だ。
これって、そもそもKJ法を使うのにふさわしい問題ということから説明を始めるとわかりやすいかも。

問題には、2種類があるのではないか?
正解が既にある問題と答えを自分で考えて実践することで初めてその答えが意味を持つような問題だ。
学校では正解が既にあり、その正解を導き出すための問題を解くことが多い。
しかし、社会に出ると、正解のない問題に直面することが多い。
問題の焦点を自ら言葉にしてテーマ設定し、有効と思われる方策を考え、実践して初めて前に進んでいけるような問題だ。
KJ法は、そういう問題を考える際に有効な手法である。

そういう問題に対しても、この種類の問題と分類し、正解らしき答えを頭でアテハメて実行することは可能だ。
しかし、その問題に丁寧に向き合うと分類やアテハメには収まりきれず、納得がいかないことを心や体は感じているのではないだろうか?
その問題の焦点を心から納得のいく言葉にして、納得のいく答えを頭だけではなく心と体を使って導き出していくのがKJ法なのだ。

頭はどうしても既存の枠組みを当てはめて問題解決をしようとする。
実際、ほとんどの問題はそれで済むし、その方が早い。
分類やアテハメが悪いというわけではなく、それでは済まない問題があるということなのだ。

そういう問題に対してKJ法を使うわけだが、せっかくKJ法を使っても、普段と同じように分類・アテハメの思考法でKJ法をやったのでは、自分の今の思考の枠組みを超えられない。
「なるほど!」と自ら納得する方策を見出すには、頭をいったん外し、心と体でその問題に向き合うことが大切。
より納得のいく方策は、まず心と体が感じ、それを言語化するのが頭という順番で心と体と頭の全体を使うことで見出される。
自分の今の枠を超えた解決策を見出すには、心と体を先行させ、頭は後追いするという流れが必要。
まずは心と体の感じる力を信頼すること、心と体が感じたものを言語化するのが頭の役目。
その流れを考える型として定式化したのがKJ法なのだ。

KJ法の花火という手法を使えば、かなり複雑で大きな問題でも、3時間×2回、計6時間で一定の結論を出し、解決への一歩を踏み出すことができる。
munaken.hatenablog.jp

KJ法では頭だけではなく、心と体も使って考えているので、その結論が心と体レベルにもおちている。
なので、図解ができあがった段階で自然と行動につながりやすい。
 
慣れてくれば、普段直面するような問題を考えるための図解は、3時間程度で作成できる。
そして、似たような課題に直面した際には、すでに作ってある図解を元に図解ができるので、もっと短時間で図解を作ることも可能。

図解はその程度の時間でできる。
答えのない問題にオリジナルの答えを見出す時間として、この時間は長いのだろうか?

さらに、図解を作った後の効果とそれによって節約できる時間も大きい。
プロジェクトメンバーで作った図解は、灯台のようにいつもプロジェクトを照らし、常に立ち戻れる原点となる。
プロジェクトのキックオフ時に図解を作ることで、そんな原点を作り、他の人にも説明しやすくなる。
munaken.hatenablog.jp

また、プロジェクトの成果をプロジェクトメンバーで振り返り次のステップを描くことで着実に前進していける。

こういう説明をすれば、少しは伝わるかな?

充実の7月ももうすぐ終わり

f:id:munakata_kenken:20140703044633j:plain
昨夜は21時前に寝てしまい、0時半頃起きた。
また短時間睡眠、超早起きの時期がやってきたのか。

窓を開けて寝たせいか、体が冷えた。
綿のマフラーをして、温かい昆布茶を飲んで体を温めている。
1時半現在の気温は、室内28℃、室外23℃。
昨日から最高気温が30℃を切り、身体への負担はかなり減った感じがする。
f:id:munakata_kenken:20180725185607j:plain

SNSのタイムラインを少し追ってから、ベランダに出て空を眺めた。
曇り空で星が出ていない。
星が出ていない夜は、ちょっと寂しい。

星が出ていれば、3時頃から走り出し、星を眺めながら河原子海岸辺りまで行くと、星空から世界がだんだんと明るくなり、海がオレンジ色に染まり、太陽が昇る光景を観に行きたいような気分なのだが。
ひたちは適度に町で海が近いので、夜でも走れる程度には明るく、そんな時間を過ごすことが可能。

21日に宇都宮大学での社会教育主事講習会が終わり、長男のこども園も夏休みに入った。
7月は2日のクルミドコーヒーでの本づくり協会出版部のお話会での発表「小冊子『耳と聲』ができるまで。そして、一冊の本へ」から始まり、6日のポットラックフィールド岡崎さんとのトークセッション、10日の母のお墓詣り、13日の第1回ひたちワクワク未来会議、14日の長男のこども園の夏祭り、15日の本づくり協会の集い、17日の高原まちあるき、21日の社会教育主事講習会でのKJ法による学びの振り返りプログラムの実施、と大切なイベントが続いた。

今日26日には地域エキスパート養成講座の4回目で鯨ヶ丘を歩く。9/6のまとめの会で何を話すかをそろそろ考え始めないといけない。
明日までに2回目のKJ法による学びの振り返りプログラムの実施に向け、補足資料を作成し、送れないといけない。
また、31日の耳と聲打合せに向けて7/2の発表の内容と反応をプロジェクトメンバーに伝えないといけないし、高原・中里マップの制作も進めないといけない。
9/1の『耳と聲』読者会へ向けての仕込みもそろそろ始めたい。
それプラス、夏休みの長男と1歳4ヶ月の次男の相手もしないといけない。

こう書き出してみるとスケジュールがパンパンになりそうだけれど、今年の一番の目標である「内側から時を満たす」を念頭に一つずつ丁寧に完了させていこう!

7回目の母の命日

f:id:munakata_kenken:20180712161820j:plain
今日は、7回目の母の命日。
あの日も上京する予定があったのだけれど、母の容体が悪いという連絡があり、その予定をキャンセルして郡山の病院に向かった。
しかし、着いた時には母はもう亡くなっていて、母の死に目には会えなかった。
朝グズグズせずにもっと早く出ていれば、母の最期に立ち会え、「ありがとう」と言えたのにと思っていまだに悔いが残っている。
 
母は、リウマチの持病を抱えてはいたものの、基本とても元気で、働きづめに働き、私たち兄弟3人と兄の孫3人を育ててくれた。
その母が入院したと連絡があったのは、2008年の正月明け。
私たちの結婚式が2007年12月1日で、その時も元気に見えたのだけれど、実は身体はしんどかったのかもしれない。
年末年始の北欧への新婚旅行から帰り、そのお土産を配りに実家の親戚回りをした時にも、具合が悪いことには気がつかなかった。
 
郡山駅前の病院に入院したときも、まだ元気な様子だったのだけれど、その病院で十分な手当てが受けられずに弱ってしまい、病院の先生の話を聞いても手の施しようがないようなことを言うので、叔母のアドバイスに従い、母を説得し、セカンドオピニオンを別の病院で受け、がんの治療に定評のあるその病院に転院させた。
 
その病院に移ってすぐに手術を受けて、ガンを取り除き、抗がん剤治療を受け、母は回復し、家で元気に過ごせるようになった。
その時私は東京で暮らしていて、折あるごとに新幹線で郡山に行き、母のお見舞いに通った。
1987年に大学を卒業し、東京、信州、札幌、そして東京で暮らしていた頃は、ほとんど実家に帰らなかったのだけれど、母が入院してからは、本当によく郡山の病院に通った。
今思っても、あの時間はとても大切な時間だった。
大学卒業後の20年間の母との空白を埋めるような時間だった。
新幹線で郡山に着き、水郡線に乗って安積永盛まで戻り、そこから病院まで歩いて通った。
母が好きだった氷川きよしの歌をiPodに入れて持って行ったり、ガンには温めるのがいいと聞けば湯たんぽを持って行ったり、手当てをしながらいろんな話をすることができた。
 
私の母は、わが母ながら、とても素敵な人で、子どもとの約束は必ず守り、母に頼んでおけば安心で、親戚との付き合いもすべて母がフォローしていてくれた。
私が信州に行って農業をするようになったのも、母と父と一緒に秋稲刈りをしていたとき、母が「この景色が好きなんだよ」と稲刈りの終わった田んぼと紅葉する山を見て言った言葉が心に残っていたからなのでは?と思っている。
周りの人に骨身を惜しまずになんでもやってあげる人で「見返りを求めずとも、みんなのためにやってあげれば、いつかは自分に返ってくるのだ」ということを身をもって示してくれた。
私の中の大切な部分の多くは、母の影響を受けて形づくられたものだと思う。
 
退院して数年が経ち、もう大丈夫だろうと安心していた頃、ガンが再発したという連絡があった。
私たちがひたちに移り住んで2年目の2010年頃だったと思う。
それからは、どんどん弱ってしまい、生きようという気力が失われ、食欲もなくなっていった。
実家に帰り、こたつに横になる母を見て、これが母か!と思うほど、弱っている時もあった。
 
その後また入院して治療を受けることで、元気を回復し、頭がハッキリしている時もあった。
亡くなる直前、私が信州でのインタビューのワークショップの帰り道に郡山の病院に寄った時は、元気だった頃の頭のクリアさが戻っていて、水郡線経由で病院にお見舞いに来てくれた妻と姉と一緒に久しぶりにゆっくりと思い出を語りながら過ごす時間が持てた。
あの時間は、奇跡のような時間だった。
 
7年前の今日、病院へ向かう道沿いにはたくさんのノウゼンカズラが咲いていた。
あのオレンジ色の鮮やかな花を見るたびに、あの日のことを思い出す。
 
あと1年、生きていてくれたら、息子たちのことを見せてあげられたのにな。
それが返す返すも残念だ。
 
数日前、命日少し前に母の墓参りに行ったとき、姉が母が最後に仕込んだという梅酒を分けてくれた。
今夜はその梅酒を飲みながら、亡き母をしのぼうと思う。

丘の上に立って19年間の歩みを振り返る

信州富士見町から札幌に引っ越したのは、19年前の7月。
36歳の夏でした。
あれから、札幌(5年間)→東京(5年間)→ひたち(9年間)へと移り住み、ひたちでの暮らしも10年目。

初めてのサラリーマン生活、森彦で過ごした時間、植田さんと出会っての円山裏参道でのまちづくり、あれこれ屋で語り合った時間、くうでのライブ撮影、感透音に参加して日原先生に出会ったこと、妻との出会いと結婚、タイフーンで過ごした時間、玉川上水のお散歩、ひたちへの移住、加藤哲夫さんとの出会い、大震災、インタビューのワークショップ、母の死、息子二人の誕生と子育てに追われる日々、『ひたち帖』「十王の魅力再発見マップ」「大煙突マップ」の制作、図解を作りながら考えを深める会の始動、などなど
ほんといろんなことがあったなぁ!
www.facebook.com

この風景は、よく散歩で訪れていた高台からの風景。
八ヶ岳と富士山、甲斐駒ケ岳が一望できる、大好きな風景です。
頂上の公園にあるブランコは、富士山に向かってこげるブランコでした。
 
かみね公園の展望広場にも、太平洋に向かってこげるブランコがあったら、楽しそう!
 
札幌時代の写真は、ここにあります。
https://plus.google.com/photos/105472789306475164270/albums/5530974278152669361?banner=pwa
 
www.facebook.com
www.facebook.com
 
明日のクルミドコーヒーでのお話し会「小冊子『耳と聲』ができるまで、そして一冊の本へ」の準備を進めながら、今までの人生を振り返っています。
明日の発表は、「人生の基点と新たな起点」になるような発表にしたいな。
 
「『耳と聲』書籍版を描く」は、グループ編成とインデックス図解までできたので、あとは図解化するのみ。
f:id:munakata_kenken:20180630113021j:plain
「略歴」はできました。
f:id:munakata_kenken:20180701060952p:plain
「メディアクラフトの仕事」もあとは詰めの段階。
f:id:munakata_kenken:20180701060929p:plain
「小冊子『耳と聲』ができるまで」は、今日作り上げます。

なんとか準備は間に合いそうですが、気を抜かずに最後まで集中して、準備を「やりきった!」と思える状態で明日を迎えたいと思っています。

「とにかく書く」を21日間やり続けよう!

note.mu
毎日書いて発信するということは、大きな変化をもたらすんだろうなということは、痛感していること。
毎日ブログを書くことを今年の目標にしていたが、なかなかやれていない。
「とにかく書く」を21日間やり続けよう!とこの文章を読んで改めて決意した。

私の本性は農民なんだろうな

昨年の今日FBに自分のこれまでの歩みをまとめたような文章を書いていました。
走ること、野菜を育てること、KJ法、トマティスメソッド、本づくり、『ひたち帖』、耳と聲プロジェクト、考えを深める会、歳時記…、思えばどれも長いこと取り組んできたテーマです。
内側から時を満たすようにその時々のテーマに一所懸命取り組むことで、自然と実りがもたらされる。
そんな予感が今あります。
「長いスパンで種を蒔き、育て、収穫する」
そんなリズムが私には合っているようです。

このところいろいろな刺激を受け、いろんなことが動き出し、自分の中にモヤモヤとしたものがたまってきている。
そんな時、私は走りたくなる。
思えば、中学1年生の時から走りだして、もう40年以上が経つ。(私は中学、高校と陸上部に所属し、中長距離を走っていた)
私にとって走ることというのは、身体を鍛えるとかそういうことではなく、そうせざるを得ないものなのだ。
走ることで自分を落ち着かせる。
自分の中で消化しきれないものが、走ることでなんとなくあるべき場所に落ち着いていくような感覚がある。
今朝もまた夜が明け出す頃に走りに行こう。
 
自分は農家の息子で、自分の本性は農民だという自覚がある。
1988年に信州に移住してから畑を11年間やり、その後札幌〜東京にいた頃は中断していたが、2009年にひたちに来てからまた畑をやっているので、20年近く野菜づくりをしている。
 
「種をまいて育て、収穫する」というリズムというか、流れが好きなのだ。
そして、長距離走者である、というのも、私の本性の一つだと思う。
長いスパンで種を蒔き、育て、収穫するというのが好き。
 
この前、息子のこども園の遠足のバスで自己紹介ということで「好きなことを言ってください」と言われ、その場で考えて言ったのは「走ることと野菜をつくることが好きです」ということだった。
この二つは、私の本質に根ざした営みなのだと思う。
 
それに加え、大学4年生の時から実際に使い始め、一時はそれが仕事のメインだったKJ法も、やり始めてからもう30年になる。
 
走ることと野菜を育てること、KJ法で図解を作りながら考えること。
この3つが私を形作っている3本柱なのかもしれない。
 
さらに言えば、トマティスメソッドも出会ってから15年が経ち、8年前からはそれを形にして後世に残す仕事をしてきた。
今では、トマティス博士や日原先生の言葉が内在化し、何かを考える際のベースになっている。
 
2011年に出会ったインタビューも、講座を受けたり、実践したり、本を読んだりしながら追求し続けているテーマだ。
 
2013年に春夏秋冬号を作った『ひたち帖』もずっと頭にあり、今も作り続けようと思っているメディア。
 
昨年から本格的に取り組み始めたマップづくりも、ここにきていろんな展開を見せつつあり、今もっとも追求したいテーマ。
 
歳時記も、20年以上前から追求し続けているテーマ。
 
本づくりも、『KJ法研究』をDTPでやろうとMacシステムを購入したのが1991年で、著者として編集・制作者としていろんな本や冊子等を作り続けているので、取り組み続けて26年になる。(その前に、1997年頃ミニコミ誌の編集長もしていたので、その時点からは30年になる)
 
思えば、いくつものことを長いこと続け、追求し続けている。
それが独り立ちする作品となりつつある手応えを感じているのが、今の時点なのかもしれない。

https://www.facebook.com/earandvoice/posts/1375094579194666
 
Twitterで久しぶりに余計なお世話のアドバイスをしてしまい、思いがけない反応を受けた。
こんなことを昨日書いていたのにね。


上記のツイートを呼び出すため、Twilogで「余計なお世話」で検索したら、以下のリツイートも出てきた。
押しつけがましい自己満足だったんだろうな。
私も痛いけれど、相手も大切にしていものを土足で踏まれたような感じを受けたのだろうか?
そんな意図はなかったけれど、距離感を見誤り、相手の状況への配慮が足りなかったのだろう。
 
余計なお世話は止めて、今自分のやるべきことに集中しよう!
7/2のクルミドコーヒーでのお話し会「小冊子『耳と聲』ができるまで、そして一冊の本へ」への準備は今日明日が勝負なんだよね。