ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴っています。

思いと夢を共有し、お互いに応援し合えるような場づくりを

「ひたちワクワク未来会議」でやろうとしていたことは、大切なことだと今もブログ記事のタイトルを見て思う。
munaken.hatenablog.jp

 
でも、大きな絵を描いても、それはワクワクする未来を開く道へ導くことには直接はつながらないと実際にやってみて思う。
今考えているのは、地域でがんばろうと思っている人たちがそれぞれの思いと夢を共有し、お互いに応援し合えるような場づくりができないか?
ということ。
 
2/6に東京で「それぞれの思いと夢を共有し、お互いに応援し合えるような場づくり」をKJ法の研修という形でやってみることになっているので、それをひたちでもやらないかな?
と夢想しています。
 
こういうことは、自分ひとりでやろうとしても無理があるので、やってみたいと手をあげてくれる人がいればなのですが。