ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴りたいと思います。

自分の使命

以下の本を見ながら、自分のコアバリュー(中心的価値観)をリストアップし、自分の使命をはっきりさせてみた。

顧客は追いかけるな!―48時間で顧客が集まるシンクロニシティの法則

顧客は追いかけるな!―48時間で顧客が集まるシンクロニシティの法則

リストアップした自分のコアバリューは、以下の通り。

  • 居心地がいい
  • 本物
  • 手仕事
  • ものを作る
  • 育てる
  • お手伝い
  • つくるお手伝い
  • まとめる
  • 図解をつくる
  • 歳時記
  • 暮らし
  • まち
  • 地方
  • 顔が見える
  • 智恵
  • 描く
  • プロである

このリストの中から特に重要なものを選ぶと

  • 居心地がいい
  • つくるお手伝い
  • 描く

これを元に自分の「ミッション・ステートメント」(人生の方向性や目的、意味を表現した言葉で、自分の行動指針となるもの)を作ったら、以下のようになった。

私の使命は、「居心地のいい場を描き、つくるお手伝いをすること」

「描く」ということと「つくるお手伝いをする」というところをいかに生業化するかを考えていきたい。