ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴っています。

ワクワクする現実を今ここでつくりだす

過去の記憶と将来ヴィジョンは脳の同じ場所(海馬)で作られる。
この2つは、両方とも今の自分の記憶と知識の断片を編集して作られた想像物。
石井ゆかりさんの文章で読んだこのメッセージが大きなヒントになりそう。
過去も未来も、今自分が編集して作っているものなんですよね。
(「今」自体も、今自分が編集して作り上げているもの。これが「色即是空 空即是色」が言わんとしていることなのかも)
 
ならば、ワクワクする過去と未来のストーリーを今この時点で作り出せばいいんじゃないかな?
そうすることで、今をワクワク生きられるのでは?
 
この仮説を大煙突マッププロジェクトで実証してみたいと思っています。
 
「ヘンリー・モレゾンは、15歳の誕生日に初めて大きなてんかん発作を起こした。(中略)激しいけいれんに見舞われる未来を突きつけられて、ヘンリーは実験的な手術を受けることにした。脳の両側頭葉の中央部分を(海馬も含めて)切除する手術である。
ヘンリーの発作は治まったが、悲惨な副作用がともなった。人生の残りの期間、彼は新しい記憶をいっさい確立できなかったのだ。
しかし話はそこで終わらない。彼は新しい記憶を形成できなかった上に、未来を想像することもできなかった。
 
記憶の目的はたんに過ぎたことを記録することではなく、私たちが未来へと前進できるようにすることでもある。明日ビーチで経験することを想像するとき、過去からの情報を再結合することによって想像上の未来を組み立てるのに、とくに海馬が重要な役割を果たす」(『あなたの脳のはなし』デヴィッド・イーグルマン 早川書房より)