ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴っています。

あれこれ屋、カムバック!

f:id:munakata_kenken:20030211173518j:plain
過去の2月の写真を見返しています。
これは、2003年の2月に札幌のあれこれ屋の三橋さんに所属していたコーラス団「感透音」のパーティのお料理をお願いした時の写真。
 
私は気に入ったお店があると、ほとんどそこにしか行かないタイプ。
あれこれ屋は信州から札幌に移住した1999年の冬に見つけ、それ以来2004年に札幌を離れるまで通い続けたお店。
 
札幌から東京に引っ越した後も、年に1回は札幌を訪れ、あれこれ屋で開店から閉店まで友達とゆっくり話しながら飲むのが無上の楽しみだった。
三橋さんには、パーティの食事を始め、野菜だけでコースを作ってほしいとか、いろいろ無茶な注文をしたけれど、その度にしっかりと応えてくれた。
あれこれ屋の飲み友達でチームを作って豊平川のいかだ下りレースに出場したり、冬円山公園かまくらを作って三橋さんのお料理とお酒を楽しんだり、12月のあれこれ屋の開店記念日に恒例の餅つき大会も楽しかったなぁ!
 
くうというライブハウスでライブを聴いた後にあれこれ屋に寄って飲んで帰るのが札幌時代のゴールデンコースだった。
そんなお店がひたちにもあったらなぁ!
 
そんなあれこれ屋も2012年に閉店し、それ以来すっかり札幌から足が遠のいてしまいました。
 
三橋さん、もう一度自分の店を開いてくれないかなぁ!
そしたら、すぐにでも札幌に行って、二人の息子を連れて行って見せるのだけれど。