ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴りたいと思います。

星を眺める

息子が産まれ、一緒にプラネタリウムに行くことが多くなってから、初めて日常的に夜空を眺めるようになった。
今も、iPhoneのStar Walkを頼りに星空を眺め、星座を覚えている途中。
考えに詰まると、ベランダに出て、星を眺める。
いつもそこにある安心感。
 
星を眺める時の感覚と海を眺める時の感覚には、違うところと同じところがある。
星は季節ごとの移り変わりはあるが、絶対的に同じ。
海は絶えず変化する。
ただ、人間界を超えた大いなる存在に触れる感覚は同じだ。
 
星を眺め、海を眺めることで、自分の枠を超えられるような感じがするのかもしれない。