ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴りたいと思います。

FIleMaker GOのファイルをiPhone/iPadのホーム画面のアイコンから起動する方法

FileMaker GOは、FileMakerで作成したソリューションをiPhneやiPad上で使用するためのアプリだ。
データベースアプリFileMaker Go for iPad & iPhone | 製品概要
FileMakerで作成したファイルは、iPnoe/iPadiTunes経由やメール送信で転送して使用するか、サーバー上のファイルにアクセスするという形で使用する。
iPhone/iPad上でソリューションを起動するには、以下の2段階の操作が必要だ。(iPhone/iPad上ファイルを開く場合)

  1. iPnoe/iPadのホーム画面のFileMaker GOアイコンをクリックしてFileMakerGOを起動する。
  2. 「デバイス上のファイル」のリストの中の使用したいソリューションをクリックして、ソリューションを起動する。

2段階の操作が必要なのは、わずらわしいし、いかにもFilMakerGOで作りましたという感じになってしまって、お客さんの受けもよくない。(実際、FileMaker GOの話をしていて、ソリューションの起動方法を見せたら、お客さんのテンションが下がってしまったことがある)
これを「iPnoe/iPadのホーム画面のソリューションのアイコンをクリック」でソリューションを起動する方法を今年のFIleMakerカンファレンスで株式会社寿商会の若林さんが紹介してくれたので、やってみた。
Ustream.tv: ユーザー FileMaker_Japan: [i-2]FileMaker Go × iPad ソリューション開発における インターフェースの工夫, Recorded on 11/11/09. コンピュータ...
iPhone/iPad上のアドレスバーにFileMaker GOのソリューションの起動用アドレスを入力して起動した後、Safariに戻って、そのアドレスを「ホーム画面に追加」するという方法だ。(「URLスキーム」というらしい)
ソリューションの起動用のアドレスの書式は、以下の通り。

data:text/html,<html><head><meta http-equiv="refresh" content="0; url=fmp7://~/ファイル名" /><link rel="apple-touch-icon" href="http://〜とかのアイコン画像アドレス"></head><body>Now Loading</body></html>

以下の具体例で試してみた。

data:text/html,<html><head><meta http-equiv="refresh" content="0;url=fmp7://~/geolocation.fp7" /><link rel="apple-touch-icon" href="http://a0.twimg.com/profile_images/877427625/FM_ONLINE_bigger_bigger.jpg"></head><body>Now Loading</body></html>

iPhone上の操作画面で見ると以下の通り。
1.iPhone上のSafariに起動用アドレスを入力し、「GO」ボタンをクリック

2.FileMakerGO上のソリューションが起動

3.Safariに戻って、「ホーム画面に追加」を選択

4.名前を付け「追加」ボタンをクリック

5.ホーム画面にソリューション起動用のアイコンが作成される。

これで、アイコンをワンクリックするだけでソリューションが起動するようになります。

※サーバー上のファイルも同様の方法でワンクリックで開くことができるようです。(こちらは、実地検証はしていません)
Creating new "apps" with FMG . Using FileMaker Go . Forum . FileMaker Forums