ひたちで小さなメディアをつくる

居心地のいい場をつくるために”小さなメディア”がどんな役割を果たすことができるか、日々の試行錯誤を綴りたいと思います。

小さなメディアをつくる

気軽に映像を共有し、大画面で楽しめる時代に

今日は、息子の保育園のクリスマス発表会でした。 あいにく妻は、東京出張で観られず。 妻に息子の活躍を伝えるべく、息子の出番はすべてiPhoneで映像で記録。 出番ごとにすぐにLINEで映像を妻に送信(1分30秒まですぐに送れます)。 家に戻ってMacのiPhoto…

Twilogで1年前の自分を振り返る

私はTwilogというサービスを使って、Twitterの投稿を記録し、常に見返すことができるようにしています。 http://twilog.org/munaken投稿時にテーマを示すタグ(例えば「#耳と聲」等)を付けておくと、そのテーマに関する投稿を見返して考えを深めていくこと…

「生前供養」としての小冊子づくり

六車由実さんの「「生前供養」としての高齢者介護」という文章の中で書いている「生前供養」の考え方がおもしろい。 医学書院/週刊医学界新聞(第2991号 2012年08月27日) 「平川さんはさらに,高齢者介護=生前供養を次のように意味付けている。《 「供養と…

父母の足跡を残す小冊子を作ろう

お彼岸に墓参りに郡山の実家に行ったとき、父が一冊のアルバムを出してきた。 私が子供の頃の写真がおさめられたアルバムだ。 私の実家は、私が20代の頃、火事になり、アルバム類はすべて焼けたと聞いていたのだが、焼けたアルバムの中から焼け残った写真を…